プラネタリー・リソーシズの宇宙望遠鏡ARKYD(アーキッド)の広告がなんだかすごい

小惑星の採掘を目指すプラネタリー・リソーシズは、同社の別プロジェクトである宇宙望遠鏡「ARKYD(アーキッド)」について、その資金集めの一部をクラウドファンディングのKickstarter(キックスターター)を使って行っていました。

ARKYD: A Space Telescope for Everyone

2013年6月30日を期限としていましたが、既に目標100万ドルのところ、127万ドル余りを集めています。
筆者も出資してみました。

そして、その見返りとされているのが「宇宙での自分撮り」です。

といっても実際に自分が宇宙に行けるわけではありません。地球を周回する宇宙望遠鏡「ARKYD(アーキッド)」に搭載されたディスプレイに自分の顔を表示して、それを別カメラで撮影する、というものです。詳しくは冒頭の動画を観てもらえれば。

ところで、このプロジェクトは広告も出していたことを知っていました。もちろん広くアピールする必要はあったと思うのですが、そのクリエイティブが、これ↓

…なんでしょう、この怪しさは…。
フォントも適当な感じですし、自分撮りしている女子の写真もストックフォト感がハンパない…。
どこの制作なのか、そして誰がGOを出したのか、非常に気になります。
(知っている方がいたら、教えてください)

しかもこの広告はクリックするとキックスターターの英語版のページにジャンプするようになっているという、日本のユーザーに大変厳しい遷移になっています。

そこから日本語で説明をみるためにはページ前半の各国の国旗が並んでいるところをクリックし、さらに、翻訳対象言語を「Japanese」に設定する必要があります。

そうです。「翻訳対象言語」です。
なんとGoogle自動翻訳でページを表示しているだけなのです!

そうなるとあとは予想通り。

タイトルの「ARKYD: A Space Telescope for Everyone」は

ARKYD:誰のための宇宙望遠鏡

知らんがな。

そして大事なプロジェクト概要である「The first publicly accessible space telescope! Take amazing photos of space or have your photo displayed above the Earth.」は

最初に公的にアクセス可能な宇宙望遠鏡! スペースの素晴らしい写真を撮ったり、あなたの写真は、地球上に表示があります。

もしARKYD(アーキッド)のプロジェクトやクラウドファンディングのキックスターターのことを知らずに自分がこの広告を見ていたら、なんだか別の意味で興味を惹かれます。

あ!もしかして狙ってこのテイストに…?
だとしたら成功かもしれません。

謎(もしくはツッコミどころ)の多いプロモーションでしたが、期間の最後に「Planetary Resources ARKYD Kickstarter Finale」と題したイベントがオンライン中継されるようです。

アメリカ太平洋時間の6月30日(水)午後3時(日本時間7月1日午前7時)から開始予定とのことですなので、お時間合う方はご覧ください。

Planetary Resources ARKYD Kickstarter Finale

コメントを残す