SFが現実になるまでどれくらいかかったかが分かるインフォグラフィック


The Fiction to Reality Timeline
Via: attsavings.com

スタートレックのようなSF映画ではしばしば未来的なテクノロジーが登場する。そしてご存知のようにそれらの中のいくつかはテクノロジーの進歩によって現実となる。

上の画像はフィクションの世界のテクノロジーがいつ現実になったかを示したインフォグラフィックだ。(「インフォグラフィック」は情報・データ・知識などを視覚的に表現したもの。概要をわかりやすく伝える手法として使われる)

真ん中の縦線が時間軸を指していて、上に行くほど過去を示す。そして左側がフィクションで右側が現実となっている。
それぞれ対応するテクノロジーが線で結ばれているのだが、面白いことに現実の方が先行しているものもいくつかあったりする。

よく見ると商業宇宙飛行(宇宙旅行)も含まれていた。

左側のフィクションにある1976年の「2001年宇宙の旅」に対して、右側の現実に結びつけられているのは2012年のヴァージン・ギャラクティックの宇宙旅行だ。

ただ、右側のテクノロジーの現在の状況がほぼ「SUCCESS(成功)」となっているのに対し、宇宙旅行は唯一「IN PRODUCTION(製造中)」となっている。

これがSUCCESSとなるのは果たして…。

それはそうと、こんなものがamazonに売っていたとは!

コメントを残す