6月21日は民間宇宙機「スペースシップ・ワン」が本物の「宇宙」機になった日

危うく通り過ぎそうになったが、6月21日は米スケールド・コンポジット社の「スペースシップ・ワン」が高度100kmの宇宙空間に民間宇宙機として世界で初めて到達した、民間宇宙開発にとって記念すべき日であるのだった。

ちなみにスペースシップ・ワンが賞金レース「Ansari X PRIZE(アンサリ・エックス・プライズ)」の達成条件をクリアし、勝利したのは2004年10月4日である。
達成条件は以下のようなもの。

・高度100 km以上に到達する
・乗員3名を乗せる。操縦者1名の他は2名分のバラスト(重り)でもよい。
・同一機体を使用し、2週間以内に再度飛行する

当時にUstreamなどのように手軽に使えるネット中継サービスがあったら…と思わないでもない。

いい時代になったなぁ。

コメントを残す