【動画あり】テクノアーティストのジェフ・ミルズは宇宙旅行に行くべき

テクノアーティスト&DJのジェフ・ミルズはその超絶テクニックから「宇宙人」の異名を持つ、デトロイト・テクノのカリスマだ。過去、毎年夏に行われる屋内レイヴ「WIRE」などでも人気を集め、日本でも多く活動していたが、2006年秋に突然活動を休止、自身がテーマとしてきた「宇宙」へ旅立った。

そして、2010年1月1日0時0分1秒、地球に帰還!今夜、東京・渋谷のWOMBのカウントダウンイベントでプレイする予定だ。

ジェフ・ミルズ、新作『Sleeper Wakes』発表! カウントダウン・イベント出演も

イベントスペシャルサイト:The Sleeper Wakes : Intermission

・・・という設定。

最初に断っておくが、筆者はジェフ・ミルズが好きでDVDもCDも持っている。WIREでもジェフのプレイを聴くためにラストまで残っていた。その他のイベントにも何度も足を運んでいる。

だからこそ、あえて言う。

もう、そんな「設定」はやめにしませんか!?

宇宙旅行が現実味を帯びてきた今、一般的にはまだかもしれないが、じきにそうした設定は「痛い」設定になってしまうのではないか。例えていうなら「かのハワイから帰還したDJ」みたいな。

宇宙から来た「設定」のアーティストのライブ会場に、実際に宇宙に行ってきたオーディエンスがいるなんて状況は、笑い話にはいいかもしれないが・・・。

アーティストで宇宙旅行を申込んだ人はMobyを始め、確か何人かいたはず。2000万円ほど出して、せめて高度100kmの宇宙空間に行ってくるサブオービタル宇宙旅行くらいは行ってきたほうがいいように思う。ぜひ、本物の宇宙体験を今後の活動に活かして欲しい。

宇宙旅行の「初めて」争い激化の予感!?

コメントを残す