野口聡一宇宙飛行士が宇宙からTwitterでつぶやいた!第一声は・・・?

20091229_soichi.jpg

高度400kmの宇宙空間にある国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在を開始した野口聡一宇宙飛行士がミニブログサービス「Twitter」での「つぶやき」を開始した。

第一声は、なんと

日本の皆様へ、はるかISSからメリークリスマス!

via Twitter

であった。
13,000以上のユーザーからフォローされている野口宇宙飛行士のつぶやきは夜0時前後というTwitterユーザーが活発になり易い時間帯のつぶやきであることもあり、瞬く間にRT(リツイート。つぶやきを転送してつぶやくこと)は200を超えたという声もある。

ただ、一方では、おそらくみんながそのつぶやきにある違和感を・・・

それはなんといっても、

「なんで『メリークリスマス』!?」

ということ。。

宇宙から初めてつぶやいたマイク・マシミーノ氏の時は、マシミーノ氏がNASAに送ったメッセージを、NASAが同氏のTwitterを代行管理している人物に転送してつぶやかれたそうだが、野口さんのケースもそうなのかもしれない。(まあ、そうだろう・・・)ちょっと残念な気もしないでもないが、仕方ないところだ。

「宇宙からTwitter」とうとう届いた第一声は?

「こちら周回軌道」- アトランティス宇宙飛行士からTwitter書き込み

ただ、そうなると気になるのはこの遅延。いくらなんでも遅くないだろうか・・・?
野口さんがISSにサンタ姿で入ってきた映像の直後にこれが流れてきたら、もっと臨場感あったのに。
あ、もしかしてつぶやき溜めしておいたものを、誰かがつぶやき忘れてしまったんじゃ・・・。
いや、そんなはずは・・・。

そして、以下は勝手な想像

・「メリークリスマス(Merry Christmas)」という言葉が送られてきた。
・これをつぶやいていいかが検討された。※想像です。
・「メリークリスマス」はキリスト教に強く結びついた言葉。そのため、あまり一般的には適切でないとして諸外国では「Happy Holidays」を使うことが多い。
・果たして「メリークリスマス」とつぶやいていいものか議論が白熱。※想像です。
・「ハッピーホリデー」に差し替える案も出たが改ざんすることへの懸念もでる※想像です。
・そうこうしているうちにクリスマスが過ぎる。※想像です
・年末が近づいてくる。
・そろそろ仕事納め。※想像です
・「いくらなんでも年は越せないだろ」という意見が強まる。※想像です
・「つぶやいちゃえ!」←今ココ ※想像です!!

いずれにせよ、宇宙からの第一声(つぶやき)、おめでとうございます!

そして転送している方へ。
細かいことは気にしないのでどんどんつぶやいちゃってください!
それでも誰かが問題視したときはフォロワーの人たちが味方になってくれますよ!(きっと)

ちなみに、
本サイト管理人のTwitterアカウントは @hakoda です。
宇宙ネタ、時々つぶやいてますw

コメントを残す