韓国の宇宙センターが採用した米XCOR社の宇宙機「Lynx」生産モデルは高度100kmの宇宙までOK!?

【お知らせ】宇宙観光企画管理人のTwitterアカウントは @hakoda です!宇宙以外もいろいろつぶやきます。フォローはこちらから!→ @hakoda

lynx_ascent-w-logos.jpg

2009年12月17日、韓国の醴泉宇宙センターのフライトサービスに、米民間宇宙開発企業のXCOR Aerospace(エックスコア・エアロスペース)社の「Lynx(リンクス)」が選定されたことが発表された。現在開発中のLynxは高度60kmを体験できる2人乗りの機体だが、国際航空連盟 (FAI)が定める宇宙の定義は高度100km、米空軍が定める宇宙の高度はそれより低いが約80kmであり、いずれの定義も満たさない。そのため、高度100kmに到達して期間するサブオービタル宇宙飛行に対比させて、「サブサブオービタル」と呼ばれることもある。

このニュースを知ったきっかけはXCOR社のAleta Jackson氏がTwitterにポストされた以下の文だ。

選定を伝えるTwitterへのポスト
20091220_xcor.jpg

OFFICIAL: S. Korea selects Lynx Mark II for suborbital flights. XCOR will “wet lease” a Lynx to Yecheon Space Center. Details @ web site.(公式:韓国はサブオービタルフライトのための機体としてリンクス・マーク2を選定した。XCOR社はリンクスを韓国の醴泉宇宙センターにウェット・リースする予定だ。詳しくはWebで。)

ちなみに「ウェット・リース」とは航空分野で行われていたもので、航空会社が機体、乗務員、整備員、保険契約のすべてを、ほかの航空会社に通例で1カ月~2年程度貸し出すもの。XCOR社は機体契約だけでなく、オペレーションも含めて獲得したことになる。期間が定められているのが気になるところだが、サービスが軌道に乗れば問題ないだろう。

あ、サブオービタルだから軌道には乗らないですよ!(なんちゃって)

概要は「宇宙(そら)へのポータルサイト sorae.jp」でも報じているので以下でご覧いただきたい。

韓国の宇宙センター、エックスコア社と提携(sorae.jp)

さて、実はその他に気になる部分があった。「Lynx MarkII」という部分だ。そこでXCOR社のリリース文最後にある企業説明と機体説明を読むと、(以前から書いてあったのかもしれないが、)なんとも興味深いことが書いてある。

South Korean Space Center Selects XCOR’s Lynx for Suborbital Operations
The Lynx production models (designated Lynx Mark II) are designed to be robust, multi-commercial mission vehicles capable of flying to 100+ km in altitude up to four times per day.(リンクスの生産モデル、リンクス・マーク2は丈夫な多目的商用宇宙機で、高度100km以上への飛行を1日最大4回行う能力を持っている)

つまり、Lynxは生産モデルで「MarkII」となり、これは高度100kmのサブオービタル宇宙飛行を実現する能力を持つ、と読める。

また、韓国の醴泉宇宙センターで使われるのはこの「Lynx MarkII」であるということはTwitterのつぶやきやリリースで明記されている「サブオービタル」も従来の意味で捉えてよいことになる。現在の料金は9万5000ドル(約900万円)に設定されており、これが大幅に変わらないのであれば、開発が遅れに遅れているロシアのサブオービタル機の代わりにスペース・アドベンチャーズが採用することもあるかもしれない。(予約している筆者としてはその方が嬉しい)

本発表はかなりのインパクトがあったようで19日早々にメールで反響が300通以上届いたと、驚きのコメントがTwitterにポストされている。

300通以上の反響が届いたというTwitterのつぶやき

もうひとつ興味深いTwitterのつぶやきを。

「Y’all know what this means? I’ll get to go to S. Korea, & visit Japan. I’ll get to see Takarazuka!!! & visit Tezuka-sama anime museum. GRIN(これが何を意味するかわかるかい?僕は韓国にいって日本を訪れ、宝塚を見る!そして手塚治虫記念館にも行くんだ。)」
via Twitter

その際はぜひ東京にも来ていただきたい。

以下、参考。

Lynx(リンクス)画像ギャラリー

■【動画】XCOR Lynx suborbital vehicle animation

醴泉宇宙センター(韓国)

コメントを残す