「オリンパス・スペース・プロジェクト」、宇宙の日にあわせてCMを公開

会社創立90周年を迎えるオリンパスは記念事業として「オリンパス・スペース・プロジェクト」を実施している。この中で同社のデジタル一眼レフカメラ「E-3」は若田光一宇宙飛行士とともにスペースシャトルで国際宇宙ステーションへ運ばれ、若田宇宙飛行士によって多くの写真が撮影された。

そして9月12日の宇宙の日、これらの画像を使ったCMを宇宙の日限定で放映している。

テレビでの放映は1日限りだが、ネットでも見ることができるので、見逃した方はぜひチェックを。

ちなみに宇宙の日は1992年9月12日が「毛利衛宇宙飛行士がスペースシャトルで初めて宇宙へ飛び立った日」であることによる。「日本の宇宙の日は12月2日のほうがいいのでは?」という方もいるかもしれないが、要はどう定義するかの話ではある。さらにちなみに、西暦の「(19)92(きゅうじゅうに)」と9月12日を示す「9.12(きゅうじゅうに)」は語呂合わせにもなっている、と公式ホームページでは説明されている。「だから9月12日を宇宙の日にした」というわけでないだろうし、小ネタ以上の深い意味はないと考えたい。

「宇宙の日」ホームページ

宇宙旅行、カメラは何を持っていく? – 宇宙旅行を知るサイト☆宇宙観光企画-uk2-

コメントを残す