「もったいない!?」懸賞で獲得した宇宙旅行返上、その訳は?

以前行われたオラクル社の開発者向けコンテストで優勝賞品の宇宙旅行を見事勝ち取ったブライアン・エミットさんは、大金をつぎ込むかわりに自らの実力と運で宇宙への夢をつかんだ。

…はずだった。

このコンテストを主催したオラクル社は先ごろブライアン・エミットさんが賞品として贈呈された宇宙旅行の権利を返上したことを明らかにしたとのこと。

オラクルの開発者向け懸賞、優勝者が宇宙旅行の優勝賞品を返上・意外なからくりとは?(テクノバーン)

理由はお金だった。「この賞品を受け取った場合、税法上、13万8000ドル相当(約1656万円)の譲与を受けたことと同じとなり、譲与所得に対する税金として2万5000ドル(約300万円)の納税義務が生じることが判明」したのだ。このため、負担は無理と判断したブライアン・エミットさんはやむなく、宇宙旅行をあきらめざるを得なかった。

その結果、オラクルでは現在、この優勝賞品を受け取ってくれる人物がいないかどうか捜し求めているという。

でも、それってつまり300万円で宇宙旅行に行けるということであれば、結構希望者はいるんじゃないだろうか。もちろん、そのコンテストの上位者から希望を聞くことになるんだろうけど、そんなに希望者がいないんなら、仕方ない受け取ってあげてもいいですよ。

・・・ってうそです。ぜひ受け取らせてください。お願いします。

コメントを残す