「宇宙旅行」の値段は下がってきてる?

CNET JAPAN の記事より。

夏休みに宇宙旅行はいかが?–Future in Reviewカンファレンス開催

スペースアドベンチャーズ社の月周回旅行と「予算を抑えたい」という人向きの「国際宇宙ステーション(ISS)1週間の旅」が紹介されている。

が、筆者も予約している高度100kmまで行くサブオービタル宇宙旅行は紹介されていない。なぜだろうと思い、原文をチェックすると、最後の段落で軽くふれられていた。

Competition is growing among private companies for suborbital and orbital space flight, partly because of Burt Rutan’s SpaceShipOne victory in the Ansari X contest a few years ago. Virgin Galactic, backed by Virgin Atlantic boss Richard Branson, also wants to participate in privately funded space flight.

この段落、他の部分に比べても新出用語がかなり多いこともあり、前述部分との関連や重要性に照らして省かれてしまったのかもしれない。

それはそうと、「宇宙旅行の値段が下がってきている。」という書き出しがあるが、中に出てくるラインナップの値段は変わっていない気が・・・。NASAの打ち上げ費用は「宇宙旅行」ではないので比較はできないだろう。

サブオービタル宇宙旅行の方はというと、こちらも現在のところ各社価格に変化はない。1200万円程度から2千万円ちょっとあたりだ。ビジネスとしてはこちらの価格の方が下げがいがあるはず。ただ、不確定要素の多いビジネスだけに、逆に値上がりの可能性も捨てきれない。ぜひ、ここはひとつがんばってほしいところだ。

コメントを残す