「アメリカから宇宙旅行」がさらに現実的に!2008年までに実現か。

宇宙旅行へはどこから出発?宇宙港いろいろ。」でも書いたように、民間宇宙旅行の出発地となる宇宙港が世界各地で計画中だ。中でもアメリカ国内の宇宙港が多い。
が、現状はというと宇宙旅行者を送り出した宇宙港(発射場)を持つのはロシアだけだ。

そんな中、アメリカ国内からの宇宙旅行の開始が時期も含めて現実味を帯びてきた。

CNN.co.jp : 民間人の宇宙旅行、08年までに米から打ち上げと – ビジネス

記事によると「ミネタ米運輸長官は9日、民間人の宇宙観光客を乗せたロケットの米国内からの打ち上げを2008年までに実現させる、との計画を明らかにした。」とのこと。具体的には来年2007年に実験飛行の許可を出し、その成功を受けて本番の許可を出す見込みだそうだ。

現在最も実現が早いのではといわれているロケットプレーン社のサービス開始予定は2007年中ごろすぎと見られているが、この記事通りに解釈すればロケットプレーン社の宇宙旅行実現予定にはギリギリ間に合わなそうで、ロケットプレーン社としてもスケジュールを若干見直す必要がありそうだ。

ところで、またしても記事中に気になる箇所が・・・。

民間人の宇宙旅行はこれまで、ロシアが手掛けており、計3人を国際宇宙ステーションなどに飛ばしている。料金は推定2000万ドル相当となっている。

「国際宇宙ステーション『など』」となっているけど、今のところ行き先は国際宇宙ステーションしかなくて、費用も2000万ドルと明記されているはずなのだけど、「推定」って・・・、

・・・!

もしかしてこの記事自体が・・・!?

コメントを残す