民間宇宙船コンテスト「X PRIZE(エックス・プライズ)」のプチ版、その名も・・・

EGGS PRIZE(エッグス・プライズ)」!

・・・駄洒落か!

しかし、内容は至ってまじめなミドル・スクール向けの教育プログラムなのです。
内容を本家「X PRIZE」を比較しながら紹介すると、以下の通り。

X PRIZEEGGS PRIZE
推進力主にロケットエンジン水と圧縮空気
必要到達高度地上100km地上30m
打上間隔2週間2日間
必要打上回数2回2回
打ち上げるもの人間生たまご

まとめると、

水ロケットで生たまごを高度30mの高さまで打ち上げ、無事帰還させ、2日間のうちに再び打ち上げ、同じく無事帰還させる。

というコンテスト。

随所でX PRIZEを連想させるこのコンテストから、将来のバート・ルータン(X PRIZEの達成機スペースシップワンの設計者)が生まれるかもしれない。

しかし、ちょっと気になるのがその生たまごの行方。
失敗してもちゃんと食べられるような構造か」という観点で見てみるのも面白いかも。(本物の宇宙船には関係ないけど・・・)

コメントを残す