アポロ15号で月に行ったカメラを約1億円で落札したのは

ヨドバシカメラの創業者の人でした。

アポロ計画で使用されたカメラが競売、日本人が約1億円で落札

アポロ計画では今回、オークションにかけられた以外のハッセルブラッドのカメラも月面に持ち込まれて写真撮影に使われたが、アポロ15号で使用された以外のハッセルブラッドの場合は、本体は月面に残され、地球へはフィルムマガジンだけが持ち帰られた。そのため、今回オークションにかけられたハッセルブラッドは、アポロ計画で実際に月面で使用されたものとしては唯一、地球上に存在する貴重なカメラとなる。

アポロ15号で月面に持ち込まれたこのハッセルブラッドで299枚の写真が撮られたとのこと。

とすれば・・・

ヨドバシカメラの創業者の人にはこのカメラを月に持っていってぜひとも「300枚目」の写真を撮ってもらいたいものです。

もちろんその前にどこかで公開してほしいですが、公開するとしたら場所はやはり店舗でしょうか?有料展示で、しかもヨドバシポイントでないとチケット買えないとかだったらいやだなぁ。

もしくはハクトに託して月に帰すという流れも面白いかもしれませんね。
かぐや姫的な。

コメントを残す