宇宙を旅するウイスキー(の樽の木片)に想いを馳せる「アードベッグスペースイベント」

20140212_ardbeg

最もピーティーでスモーキーな究極のシングルモルトとして知られる「アードベッグ」は、
現在国際宇宙ステーションにおいて、無重力状態でのウイスキーの樽熟成を研究する実験を行っています。
その画期的な実験を祝して2014年3月4日(火)、「アードベッグ スペース・イベント」が開催されます。
会場へ一歩足を踏み入れると、そこには遥か宇宙の彼方に存在する幻の惑星、アードベッグ・スモーキープラネットが広がります。
世界で初めてのユニークなイベントにあなたも参加してみませんか?

というわけで、参加してみることにしました。

アードベッグ スペース・イベント

初めて宇宙を旅したウイスキー “アードベッグ スペース・イベント”開催(3/4)


問題は自分は完全なる下戸だということ…。
3ドリンク付だということですが、絶対1杯も飲めません…。
当日会場でお会いすることがあれば譲ります。

ちなみに宇宙でどんな実験を行っているかというと、以下のように宇宙でのウイスキー樽の熟成が地上とどう違うかを比較するものだそうです。

2012年から進行中のプロジェクトで、アードベッグのニューメイク・スピリッツから抽出した分子と、焦がした樽の木片をロケットに搭載して国際宇宙ステーションまで運び、宇宙飛行士たちが日々、無重力状態での化学変化の様子を観察しています。
同時に地上で重力下にあるアードベッグ蒸留所と、テキサス州ヒューストンの研究施設で進めている観察結果と比較することにより、ウイスキーの樽熟成に重力が与える影響を解明しようという、なんともアードベッグらしい、奇想天外で夢のある実験です。

宇宙のお酒といえば宇宙を旅した酵母から作った「土佐宇宙酒」が有名ですが、このウイスキーは直接は宇宙を旅していません。なので、イメージが重要なのですが、アポロ計画で採用されたというオメガの時計のように歴史的な背景がまだない中、どうイメージづくりをしていくのか、興味があります。

申し込み締め切りは2/24(月)まで。

アードベッグ スペース・イベント

日時 2014年3月4日(火) 午後8時 〜 10時
会場 アードベッグ・スモーキープラネット(日本科学未来館内)
ホスト ビル・ラムズデン博士
参加費 3,000円(1名様)
3ドリンク「TEN、ウーガダール、コリーヴレッカン」付になります。
アードベッグ エクスクルーシブプラン(参加費10,000円)ご希望の方はこちらまで。
ドレスコード ブラックもしくはグリーン+ギャラクシータッチ
お申込期間 2月24日まで

コメントを残す