Kickstarterでスペースシャトルと民間宇宙開発のパイオニア、スペースXに関する映画制作資金(の一部)を。

クラウドファンディングサービスのKickstarter(キックスターター)でスペースシャトルと宇宙開発の新たなパイオニア、スペースXに関する映画製作の資金を募っています。

クラウドファンディングとは、出資を募るプロジェクトに対して多くのユーザーが少しずつ出資し、定められた期間中に目標額を達成すると、晴れてそのプロジェクトにお金が渡り、出資者はそれぞれ特典を得られるというものです。目標額に達成しない場合は、不成立となり、プロジェクト立案者はお金を得ることはできません。その場合はもちろんユーザーもお金を払う必要はありません。

SPACE SHUTTLE & THE NEW PIONEERS – A Real-Life Adventure!

映画制作への出資者は出資金額によって様々なリターンが得られます。例えば10ドル出資すると完成した映画のダウンロード版が手に入ります。25ドルならDVDパッケージで受け取れ、50ドルならさらに高精細のブルーレイディスク版で受け取れます。しかも3Dです。スペースシャトルやスペースX関連の3D映像は貴重難じゃないでしょうか。

というわけで、50ドルで申し込んでみました。

が、6/23(土)22:30現在、必要金額3万9000ドルのうち、9,000ドル余しか集まっていないようです。あと7日で到達しない場合は不成立となってしまいます。
今のペースだと結構厳しいような気がします…。

アメリカ合衆国以外への配送もしてくれるようなので、興味のある方はぜひ以下をチェックしてみてください。

ところで、こうした映画って、3万9000ドル(約310万円)程度でできるもんなんでしょうか。しかも3Dで。

その答えはFAQにありました。

The money we’re raising now is to complete interviews with astronauts and other key people involved with the Space Shuttle program, and to get copies into the hands of educators and their students

主たる資金は別から出ていて、ここで募っているのはスペースシャトル計画に関係する宇宙飛行士やキーマンへのインタビューの制作と、この映画を教育者やその生徒に配布するための資金だということです。

なるほど。映像で興味を持ってもらうのはいいですね。
日本でも同様の試みを期待したいところです。

映像作品ではないですが、例えば以下の本は価格も手頃で配布もしやすそうです。先日、制作に関わられた方にお話を伺ったのですが、そういった用途も想定して作られたそうなので、ぜひご一読を。

コメントを残す