宇宙からのリアルタイム映像配信を目指すUrtheCast(アースキャスト)の歴史をインフォグラフィックで。

国際宇宙ステーション(ISS)にHDビデオカメラを据え付け、そこから観た地球の映像をほぼリアルタイムで配信することを目指すUrtheCast(アースキャスト)社が同社の歴史をインフォグラフィックにした。「インフォグラフィック」は情報を分かりやすく視覚化したもの。

(クリックで拡大します)

via UrtheCast

同社は2010年2月にロシアのRSCエネルギアと契約し、同12月に設立。公式サイトによれば2012年半ばのサービス開始を予定している。ただ、インフォグラフィックを見ると2012年秋にロシアのソユーズロケットで国際宇宙ステーションに打上げられる予定とあり、2012年半ばという予定はずれ込みそうだ。

アースキャスト社はまだ設立1年あまりと若く、歴史をインフォグラフィックにしたところで普通の年表に比べて分かりやすくなった印象はあまりない…。これから充実していくのだろう。気になるといえばロシアのRSCエネルギア社とのジョイントベンチャーなのにインフォグラフィックの背景が利用予定のソユーズロケットではなくスペースシャトルであることなども少し…。

以下はアースキャスト社の紹介ビデオ。宇宙からのリアルタイムな映像が重要な情報となるケースの例として2011年3月11日の東日本大震災にもニュース映像とともに触れられている。

コメントを残す