コペンハーゲン・サブオービタルズ、ロケット打上予定を9月4日へ。確率は五分五分。

20100902_copenhagen.jpg
via Copenhagen Suborbitals

これまでにも何度かお伝えしているデンマークのロケット開発チーム「コペンハーゲン・サブオービタルズ(Copenhagen Suborbitals)」が開発中のハイブリッドロケットの試験打ち上げを準備中だ。今回のロケットにはダミー人形が搭乗する。まだ宇宙空間に到達するものではないが、高度30kmを予定しており、もしこれに搭乗したとすれば空はかなり暗く見えると思われる。

まるで人間大砲?人形を乗せたロケットを9月2日に打上げ(sorae.jp)

デンマークで「募金で作った有人宇宙船」打ち上げ(WIRED VISION)

Copenhagen Suborbitals

公式サイトによれば打ち上げウィンドウ(打ち上げ可能な時期)は2010年8月30日から9月17日に設定されており、すでにロケットの打ち上げに使われる海上打ち上げプラットフォームは潜水艦によって打ち上げ場所に運ばれている。ちなみにこの潜水艦は自作のもので全長18メートル、8人乗り、建造費用20万ドルという本格的なもの。個人が所有する潜水艦としては世界最大だという。

肝心の打ち上げ予定だが、当初8月31日に設定されていたのが徐々にずれ、現在は9月4日となっている。ただ、打ち上げ確率は50%といい、まだまだ予断は許さない。

ところで、一部にはこれまでの燃焼試験の様子から打ち上げても大丈夫なのかと心配する向きもある。筆者からみてもあまりスムーズな燃え方には見えず、不安が残る。

しかし、どのような結果にあっても大きな一歩となることは確実だ。筆者も個人的にわずかではあるが寄付をして応援している。2010年9月2日現在、日本からの寄付は筆者を含めて3名からあるようだ。

SPONSORS

参考記事:
コペンハーゲン・サブオービタルズ、有人宇宙機用ロケットエンジンの燃焼試験に成功

コペンハーゲン・サブオービタルズ、5月16日にハイブリッドロケットブースターの燃焼試験を実施予定

コペンハーゲン・サブオービタルズ、ハイブリッドロケットブースターの燃焼試験を実施

コメントを残す