2009年3月のJAXA関連宇宙イベント3つ

JAXA(宇宙航空研究開発機構)の2009年3月イベントカレンダーを見ると魅力的なイベントがいくつかある。3月17日の「平成20年度衝撃波シンポジウム」も気になる名前だが、チェックすべきイベント3つをご紹介したい。

日時:2009年3月5日(木)13:30~17:35
会場:グランドプリンスホテル赤坂 新館2階「クリスタルパレス」
「オールジャパンで取り組む宇宙産業の育成」と題した本シンポジウムでは日本の「宇宙産業」について語る。規模も定員400名と大きく、シンポジウム後は懇親会(17:45~19:30/2,000円)も用意されているので、多くの人に会う機会がもてそうだ。筆者も参加予定なので、ぜひ会場で声をかけてください。(まず誰が筆者かわからないと思うけど…)
日時:2009年3月7日(土)13:00~18:00(受付12:15~)
会場:学士会館(東京都千代田区神田錦町3-28)210号室
先述のシンポジウムは平日なため、特に社会人の方は参加しにくいかもしれない。(筆者も社会人だが…)こちらは土曜日の開催なのでそうした方も参加しやすいだろう。
本シンポジウムでは「人類が宇宙に行くことの意味とは」「我が国が目指す有人宇宙活動とは」をテーマに議論が交わされる。個人的には宇宙ガバナンスについてや第2部の「『宇宙と人間』-新たな芸術表現の創出」が気になる。
日時:2009年3月14日(土)14:00~18:30
会場:パシフィコ横浜5F小ホール
こちらも土曜日開催のイベント。前の2つと少々趣が異なり、「『かぐや』が見た月と音楽の協演」などの音楽を用いたセッションも。有人宇宙探査の話題はないが、最後の意見交換セッション「探査活動の未来」は宇宙探査の意義を考える良い機会となりそうだ。
以上3イベントはそれぞれ事前申し込みが必要。気になったイベントは参加申し込みを忘れずに。

コメントを残す