世界初の民間宇宙船「スペースシップ・ワン」の開発メーカー工場で爆発事故

2007年7月27日午前(日本時間)、アメリカ・カリフォルニア州のモハーベ空港で爆発事故があった。現場は世界初の民間宇宙船「スペースシップ・ワン」の開発メーカーであり、ヴァージン・グループの宇宙旅行会社ヴァージン・ギャラクティック社で利用する宇宙船の開発メーカーでもあるスケールド・コンポジット社だ。

事故はロケットエンジン検査施設で起こった。そして、悲しいことに3名の死亡者が出てしまった。詳しい原因などの情報は入っていない。

怪我をされた方の早い回復と、亡くなってしまった方のご冥福をお祈りするとともに、その方たちも夢見ていただろう宇宙旅行実現への道が閉ざされないことを願いたい。

モハーベ空港の同社には2005年秋に訪れたことがある。社内には入れなかったが、空港を見学した際に見えた開発中の期待にわくわくしたものだ。それだけに今回の出来事は悲しいものだった。

ただ、驚きはしたものの、不思議と大きな驚きではなかった。無意識の中で覚悟していたのかもしれない。私はなるべく早期に宇宙から地球を見たいと思っているが、それは早ければ早いほど、こうしたリスクを伴うものだということを改めて思い知らされた気がした。

しかし、それでも、もし「チャンス」が与えられるならば、私は飛びたい。
もちろん、無謀に飛ぶことはしない。私は私の納得できる基準で、自らの責任をもって、その機に乗りたいと考えている。

砂漠の空港で爆発、2人死亡=宇宙船建造中の事故か-米加州
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007072700279

Three Killed, Three Critically Injured In Mojave Airport Explosion
http://www.knbc.com/news/13764132/detail.html?dl=mainclick

2007/07/27-11:16 砂漠の空港で爆発、2人死亡=宇宙船建造中の事故か-米加州

 【シリコンバレー26日時事】米カリフォルニア州モハーベ砂漠にある空港で26日午後(日本時間27日午前)、施設の一部が爆発し、2人が死亡、4人が重傷を負った。
 地元メディアによると、爆発は、宇宙旅行の実現を目指す米スケールド・コンポジッツ社が保有するロケットエンジン検査施設で起きた。燃焼に使う亜酸化窒素が爆発した可能性があるという。
 同社はモハーベ空港に本拠を置き、2004年には民間による有人宇宙飛行を史上初めて成功させた。最近は、宇宙観光を企画する英ヴァージン・グループ向けに新宇宙船を建造中だった。

—-
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007072700279 より

コメントを残す