The 2007 Wirefly X PRIZE CUP オフィシャルサイトがスタート

毎年秋(10月)にアメリカで開催される民間宇宙機イベント「X PRIZE CUP」の2007年版オフィシャルサイトがオープンしました!

The 2007 Wirefly X PRIZE CUP

今年もシンポジウムと屋外での展示会が行われます。スケジュールは以下のとおり。

• 2007年10月24・25日
シンポジウム(場所:ニューメキシコ州ラスクルーセス)
• 2007年10月27・28日
屋外展示会(場所:ニューメキシコ州アラモゴード)

展示会は午前10:00から午後5:00まで。
2006年の「午前6時開門」という早朝すぎるスケジュールは朝5時から準備しなきゃならず、暗いわ寒いわで大変でしたが、ちょっとやりやすくなりそうです。

ところで、気づいた方もいるかもしれませんが、そう、今年は展示会会場がラスクルーセス国際空港ではないのです。2007年の場所はラスクルーセスから車で1時間くらい(?)のニューメキシコ州アラモゴードにある、ホロマン空軍基地(!)となりました。しかも、今年はエアショーと同時開催ということで、これまでに比べ、規模も大きくなりそうです。

そして、今年の目玉はやはりこのふたつ。

– Northrop Grumman Lunar Lander Challenge(ルナー・ランダー・チャレンジ)
– Rocket Racing League(ロケット・レーシング・リーグ)

ルナー・ランダー・チャレンジは月面着陸船のコンテストです。UFOのように飛ぶ無人ロケットの妙技をお楽しみに。昨年は1チームしか実技にこぎつけられませんでしたが、今年は複数のチームで争ってほしいですね。

ロケット・レーシング・リーグはロケットを積んだ軽飛行機による空のF1です。毎年、ツアーの決勝戦をX PRIZE CUPで行う計画ですが、まず今年はデモ飛行になるかもしれません。

その他にも様々なイベントが予定されています。主に宇宙旅行などの宇宙ビジネスに対する「熱気」を感じるいい機会です。有人ロケット研究会ではまた今年も有志で計画を立てていますので、一緒に行く人を探している方はぜひ有人ロケット研究会へ!(笑)

サイトの左上を見ると今年もカウントダウンが始まっています。そして、カウントダウンタイマーの上のアジア系の少年ですが、なんと彼は昨年宇宙観光企画も参加した我がチーム・ジャパンの最年少メンバーです(笑)

ちなみにチーム・ジャパンは今年もX PRIZE CUPに参加します。参加を検討している企業・団体・個人の方がいらっしゃいましたら、ぜひお声掛けください

詳細確認しだい、随時続報を出していきます。

#ところで、ぜんぜん更新が滞ってすみませんでした(汗)
#書きたかった話題がかなり流れてしまった。。。

コメントを残す