Yuri's Night 2007 in 横浜&Second Life(セカンドライフ)

ユーリ・ガガーリンによる人類初の宇宙飛行を記念して世界各国で開催される「Yuri’s Night(ユーリズ・ナイト)」。日本でもつくばや去る2007年4月14日には横浜で開催されました。ちなみに宇宙観光企画もイベントスポンサーのひとつだったりします。

当日の様子は宇宙系ニュースサイト「sorae.jp」さんの方でもレポートされているので、こちらでは私が今年行ったもうひとつのYuri’s Nightについてご紹介します。

■Yuri’s Night in Second Life
Second Life(セカンドライフ)」というインターネットサービスをご存知でしょうか。もちろん、引退後の老後を指す以外の言葉です。最近はテレビでも結構採りあげられており、ちょうど2007年4月16日の朝日新聞にも掲載されたらしく「名前はなんとなく」という方もいると思います。

Second Lifeの見た目は3Dのゲームに似ています。Yuri’s Night in Second Lifeを簡単に言ってしまえば、そのゲームのような世界の中で「みんなでパーティーしよう!」ということなのです。Yuri’s Nightのサイトを見ると、以前紹介したInternational Spaceflight Musium近郊で行われるようです。

というわけで、早速4/12に行ってみたのですが・・・、

20070416.jpg

こちらが会場です。まだ、誰もいませんね・・・。
日本では夜でも、Second lifeの主要なプレイヤーが住んでいる国はまだ時間的に早いようです。会場には史上5人目の宇宙旅行者、チャールズ・シモニーさんからのビデオメッセージが流れていました。この時はちょうどシモニーさんが宇宙に行っている最中。うらやましい限りです。

会場をよく回ってみるとまだ準備中のようで、DJらしき人が前のブースでセッティングをしていました。

20070416-2.jpg

そしてこちらがメイン会場を上から見た様子です。真ん中にガガーリンのイラストがあります。広いですね。

残念ながらパーティーが最高潮に達した時間にはアクセスできなかったのですが、雰囲気だけは感じることができました。こうしたパーティーは、今後、メールやSNSとはまた違うネット上での集い方として、ひとつのスタンダードになっていくかもしれません。

ところで、宇宙とSecond Lifeをテーマに4月にお話の機会を持ちたいと言っていましたが、今度の4月21日に行われる有人ロケット研究会の勉強会では時間の関係上、難しそうです。10分ほどの時間で概略をお話しするにとどめたいと思います。さらに実験を進めた後に別の機会でお話できればと思いますので、よろしくお願いします。

お問い合わせはこちらまで。

コメントを残す