SecondLife(セカンドライフ)の宇宙関連スポット「International Spaceflight Museum」

2006年後半から徐々に日本でも取り上げられるようになってきた3D仮想空間「SecondLife」(セカンドライフ、以下SL)。ただ、アカウントを作ってはみたものの、何をすればいいかわからないという人の話もよく聞きます。その理由はSL自体は特に目的がないためといえます。これは「インターネット」も同じで、ユーザーは「インターネット」という手段を使っているだけで、「目的」は特定のサイトを見たりメールを送ったりすることであるのと似ています。

そしてSLでインターネットの「サイト」や「メール」にあたるものが建物や展示物や道具やイベントやコミュニケーションなのです。つまり、SL自体が面白いかどうか、というよりもそこに面白いコンテンツがあるか、ということが重要なのです。

というわけで、ここではSLで見つけた宇宙に関するコンテンツの中から有名どころと思われる「International Spaceflight Museum」をご紹介します。

International Spaceflight Museum

世界各国の歴代ロケットや、あの民間宇宙機も展示されています。仮想世界ならではの体感スポットも。
(「続きを読む」へ続く)

WS000020.jpg
島の見取り図。隣にも島があって、あわせると結構な広さになります。歩いて回るのは大変なので、低空を飛んで回ると楽です。

WS000020.jpg
一角にある歴代のロケット達。現実では無理なことも可能なのが仮想世界のいいところです。ただ残念ながら飛びません…。

WS000020.jpg
WS000020.jpg
アメリカ産だけではなく、世界各国のロケットが一堂に会しています。こちらも残念ながら飛びません。実際に飛ばせる機体はないようですね。

…と思っていたら…、

WS000020.jpg
おお!飛んでいる!しかもこれは世界初の民間宇宙機「スペースシップワン」とその母機「ホワイトナイト」!

と思ったら、実は浮かんでいるだけです(笑)
民間宇宙機としては、実績のあるスペースシップワンだけが展示されていました。このスペースシップワン、一応乗り込めるのですが内装はあまりできてません。残念。あと、実機は機体後部にへこみができてたのですが、さすがにそこまでは再現されてませんでした。

その向こうには、これはやっぱり必要であろうスペースシャトルもあります。

WS000020.jpg
地上に降りてみると、なにやら怪しい箱が…。「ENTER(入れ)」と書いてあります。スペースシップワンの写真が貼ってある箱にゆっくり近づいてみると…、あ!!!

WS000020.jpg
なんと体が箱の面をすり抜けて中に入れました!
そして箱の中は全面にスペースシップワンのコックピット画像が貼り付けてあります。立体ではないのですが、主観目線にして見回すと結構雰囲気あります。

隣の箱にはスペースシャトルの写真が貼ってあります。
ということは…、

WS000020.jpg
やはり!こちらはスペースシャトルの機内でした!
ほかにも同じような箱があるので、見つけたら入ってみてください。この仕掛けもシンプルながら面白いです。

WS000020.jpg
さて、あたりをうろついていると妙な赤っぽい建物が。上に浮かんでいるものから判断するに、おそらく火星展示館ですね。まだ建設中のようですが、3階部分に何かが見えます。回る円筒にビビることなくまたしても突っ込んでいくと・・・、

WS000020.jpg
なるほど、火星のパノラマです。ゆっくりと景色が回っていきます。ちょっと視界に余計なものが入りすぎるので没入感はないですが面白い展示です。

WS000020.jpg
最近、また火星展示館にいってみたところ、脇にこんなものが…。
これはユーリ・ガガーリンが宇宙に行った日を祝って毎年4月12日に世界各地で開かれるYuri’s Night(ユーリズ・ナイト)のマークです。(日本語ページはこちら)SL内でもYuri’s Nightがあるみたいですね。無料でTシャツももらえます。イベント当日のためにもらっておきました。

WS000020.jpg
宇宙には関係ないですが、水辺を歩いていたらこんなのがいました。
なんかマヌケ面なワニです。しっぽが動いています。背中に座ってみましたが、おとなしいもんでした。

さて、いかがでしたでしょうか?
本当はまだまだイベント会場やお土産屋など見所があるのですが、それはまた別の機会に。

SecondLife(セカンドライフ)は日本のユーザー数はまだ推定2,3万人ほどといわれていますが、それでも徐々に「訪れるべき」場所ができてきたように思います。宇宙観光企画ではこれからも宇宙旅行の気持ちを盛り上げてくれる場所を探してリポートしていきます。ちなみにSecondLifeでは「Hoge Market」の名前で出ているので見つけたら声をかけてください。

また、現在SecondLife内で宇宙関連企画を準備中です。同じようにいろいろ考えている方がいたらぜひご連絡を。意見交換しましょう!

“SecondLife(セカンドライフ)の宇宙関連スポット「International Spaceflight Museum」” への1件の返信

コメントを残す