宇宙観光企画が選ぶ!2006年の宇宙旅行7大ニュース!

2006年も終わりです。というわけで、宇宙観光企画が選ぶ2006年の宇宙旅行ニュースを。
2005年のニュースまとめはこちらから。

さて、2006年を迎えようとしていた2005年末、正直不安でした。
2004年にスペースシップワンが民間宇宙機で初めて宇宙空間に到達した翌年の2005年はその勢いのまま、秋に行われた世界初の民間宇宙機イベントX PRIZE CUPにいたるまで様々な動きがありました。日本市場でもヴァージン・ギャラクティック社のフライトをクラブツーリズムが取り扱い開始したり、JTBがスペース・アドベンチャーズ社の総代理店になるなど、目に見えて大きな動きがありました。個人的にもこれまで踏み出せなかった宇宙旅行の予約に踏み切ったり、1年以上待ち望んだX PRIZE CUPを訪問し、多くの出会いに恵まれるなど、充実した年でした。

だからこそ、その勢いが2006年も続くかというと心の中ではかなりハラハラしていたものです。
が、それは全くの杞憂になりました。2006年は2005年にも増してすばらしい年だったと確信しています。

では、宇宙観光企画が選ぶ2006年の7大ニュース、ご覧ください。

☆第1位☆
■ミッション・コマンダー契約締結(5月)
宇宙観光企画的に2006年1番のニュースといえばこれ。山崎大地さん、星野誠さんに続き、日本人3人目として米ロケットプレーン社の準軌道(サブオービタル)宇宙機XPを1台チャーターし、これを利用した宇宙ビジネス開始を発表した。現在は企画会社である株式会社アストラックスの事業子会社、株式会社アストラックスミッションサービスに契約を1本化し準備活動を行っている。

民間商業宇宙飛行士「ミッション・コマンダー」記者発表@金沢
ミッション・コマンダー記者発表(2006/06/07)追加情報
7/19読売新聞の連載記事で紹介されました!

☆第2位☆
■ポイントサービス交換商品として宇宙旅行採用が進む
その他の宇宙観光企画として大きな出来事は、これまた米ロケットプレーン社との提携により、ケータイポイントサービス初の宇宙旅行提供を開始できたこと。2005年秋からの試みがひとつ実を結んだ。

ケータイで宇宙に行こう!「ケータイコイン×宇宙旅行」開始!(7月)
7/19,20 イベントで宇宙旅行ケータイコンテンツ紹介します

その他にもアメリカン・エキスプレスカードもポイント交換商品として宇宙旅行を用意した。またゲームで宇宙旅行を獲得するSpaceShotも開始され、宇宙旅行に行く方法のバリエーションが広がる傾向はさらに顕著になっている。

宇宙旅行代金はアメリカン・エキスプレスカードで!?
ゲームで宇宙旅行を勝ち取る!「SpaceShot」
ゲームに勝って宇宙へ!「Space Shot」サービス開始!(4月)

☆第3位☆
■X PRIZE CUP(エックス・プライズ・カップ)2006開催
アメリカ・ニューメキシコ州で開催された民間宇宙機イベント「X PRIZE CUP」、昨年から開始されたこのイベントに今年も参加した。しかも、今年は日本から初めての出展者としての参加だった。今年は展示と日本食販売での参加であったが、今後は日本製ハードウエアのデモンストレーションも行いたい。また、機会があって、今回のX PRIZE CUPの模様についてMYCOMジャーナルでレポート記事を書くことができた。

「やっと!?」X PRIZE CUP(X プライズカップ)2006報告
X PRIZE CUP 2006に来ています!(2006/10/19)
Rocket Racing League(RRL)(ロケット・レーシング・リーグ)

☆第4位☆
■有人ロケット研究会(MRP)発足
2月の勉強会「日本の友人宇宙輸送を考える」を機に日本での有人宇宙機などの宇宙開発の発展を目指す「有人ロケット研究会」が発足した。名前のイメージで年配の方が多いように思われることが多いが、実際は学生も多く幅広い年齢層に渡っており、平均年齢はむしろ若い。現在、会員は約100名。

第1回航空会館勉強会「日本の有人宇宙輸送を考える」
第3回有人ロケット研究会勉強会開催
第3回有人ロケット研究会開催!(しました)
9/9 有人ロケット研究会第4回勉強会開催(9月)

☆第5位☆
■第25回国際宇宙開発会議(ISDC)に参加
5月にロサンゼルスで開催された「第25回国際宇宙開発会議(ISDC)」への参加はX PRIZE CUPへの参加と並び、多くの貴重な機会の場となった。ゴールデン・ウィークと有給休暇をやりくりし、厳しいスケジュールでなんとか参加したが、それに十分値する経験だった。

できることなら行ってみたい。「第25回国際宇宙開発会議」
宇宙ビジネスの億万長者が将来の億万長者に秘訣を伝授!?
「第25回国際宇宙開発会議」行ってみることにしました!
[ISDC]第25回国際宇宙開発会議に行ってきます!
[ISDC 5/3]国際宇宙開発会議(ISDC)前日、SpaceXに行ってきました!
[ISDC 5/4]オープニング&バート・ルータン&ORBIT AWARD
[ISDC 5/5] ロケットプレーン社も月を目指す。
宇宙とネットとメディア

近年の民間宇宙開発に関するカンファレンスとしては「NewSpace2006」も開催された。
宇宙ビジネス新時代到来!「NewSpace2006」

☆第6位☆
■宇宙飲食品発売
「宇宙」をコンセプトにした様々な飲食品が発表された。実際の宇宙食に関しても各国での試みが大きく動き始めた年だった。「宇宙料理」を提唱する宇宙観光企画としてはフランス料理の巨匠、アラン・デュカスの料理が宇宙で食べられるというニュースがこれらの動きを象徴しているようで興味深かった。ただし、食材が宇宙独自のものでないことが少々残念ではある。

「宇宙酒」解禁まであと113日!
宇宙酒発売まであと22日!
宇宙酒に待った!?商業利用をめぐるあれこれ。
宇宙料理の本場は高知に!?宇宙酒の次は「宇宙ヨーグルト」
宇宙酒発売!(4月)
宇宙酒のご注文はお早めに!(5月)
宇宙酒が賞を受賞!
「宇宙ヨーグルト」は9月発売!?(7月)
宇宙ヨーグルト、9/11から四国4県で発売開始!(9月)
宇宙料理にはやっぱり「宇宙味」のドリンク
宇宙料理が本格始動!?アラン・デュカスの料理を宇宙でも!

☆第7位☆
■4人目の宇宙旅行者が宇宙旅行へ(10月)
世界で4人目の宇宙旅行者が日本から出る、はずだったが、医学上の問題によりキャンセルとなり、代わりにX PRIZEのスポンサーでもあったアニューシャ・アンサリ氏が女性初の宇宙旅行者となった。その他にもパリス・ヒルトン、マドンナ、ホーキンス博士が宇宙旅行への興味を示しているとの報道された。こうした著名人を通して一般への認知が広まっていくことを期待したい。

榎本大輔氏(Dice-K)「今年は『宇宙世紀』元年」
榎本大輔さん(Dice-K)の宇宙旅行が中止に
女性初の宇宙旅行者はX PRIZEのスポンサー、アンサリ氏!?
宇宙旅行が女性に人気!?パリス・ヒルトンもマドンナも!
女性初の宇宙旅行者による宇宙からのブログ絶賛更新中☆
おかえりなさい!そして、いってきます!
史上5人目の宇宙旅行者は元マイクロソフトの開発者
そういえば宇宙旅行者5人目はシモニーさん。
宇宙旅行に行く人たち。
日の沈まない帝国は宇宙を目指す!?英国王族も宇宙旅行

☆次点☆
■宇宙ビジネス関連の動き
宇宙で結婚式!「Wedding in Space」
民間宇宙機で国際宇宙ステーションへ!
12/9、起業を目指す学生向けビジネス講演会開催!
講演会『民間宇宙ビジネスの起動!』開催
宇宙広告、というか、宇宙への広告
JAXA産学官連携シンポジウム2006「宇宙×イノベーション」開催
カップはどこ?宇宙でゴルフ。
Googleと宇宙の関係!?
北海道に新たな宇宙ベンチャー誕生
月旅行、願いだけならパケ代だけでOK!「月に願いを!」キャンペーン

■宇宙港計画続々
宇宙旅行へはどこから出発?宇宙港いろいろ。
宇宙港続々
マーライオンから観光客を奪えるか!?シンガポールに宇宙港計画
隣の空き地からも発着可能!?宇宙旅行は最寄の宇宙港からどうぞ。

■Googleと宇宙
火星旅行の下見にどうぞ「Google Mars」
Googleと宇宙の関係!?

■スペース・クチュール・デザイン・コンテスト
宇宙で着るから、宇宙服!
宇宙服コンテスト結果発表!
そっちのでもないあっちのでもない宇宙服って!?

■宇宙ビジネス関連テレビ番組
宇宙旅行ビジネスの今を知るTV番組
宇宙旅行が地球の歴史にもたらすもの
「日中宇宙バトル“神舟”に隠された戦略」(8/2(水)深夜フジテレビ)
アメリカとソ連の宇宙レースを描いたドラマ「宇宙へ」
宇宙旅行の予行演習に。「史上初!ハイビジョン生中継 LIVE宇宙ステーション」

■宇宙観光企画がなぜかFMラジオで相次ぎ紹介
(なぜか後から告知)宇宙観光企画がJ-WAVEで紹介されました!
Tokyo-FMで宇宙観光企画が紹介されます。

☆次々点☆
■宇宙旅行もここまできた!?
昔「オレオレ」、今「宇宙旅行」!?

コメントを残す