できることなら行ってみたい。「第25回国際宇宙開発会議」

第25回国際宇宙開発会議(25TH INTERNATIONAL SPACE DEVELOPMENT CONFERENCE)が2006年5月4日~7日の日程でロサンゼルスにて開催される。昨年がそうであったように、今年も民間宇宙旅行が大きな議題のひとつになりそうだ。

・・・というか、これ、はっきりいってめっちゃ行きたい・・・。

なんと5/4(木)の夜のOrbit Awards Dinnerには宇宙旅行の諸先輩方であるデニス・チトー氏、マーク・シャトルワース氏、グレッグ・オルセン氏が一同に会するのだ。ご挨拶ぐらいはしておきたいというもの。

スピーカーもそうそうたる面々だ。宇宙旅行関連でいえば、初めて宇宙に到達した民間宇宙機であるスペースシップワンの設計者バート・ルータン氏、X PRIZEのピーター・ディアマンテス氏、スペース・アドベンチャーズ社CEOのエリック・アンダーソン氏、その他にも多くの民間宇宙旅行の関係者が名を連ねている。そのうちの何人かの方には昨年X PRIZE CUPに行った時にご挨拶させていただいたりした。改めていい時に訪れることができたと思う。

こうした空気を感じるという体験は本当にワクワクする。自分的には、この1月のJAXAシンポジウム懇親会が日本におけるこうした集いだった。その後、JAXAシンポジウムで知り合い、意気投合したという人のつながりもいくつか聞いた。確実に輪は広がっているようだ。

海外だけでなく、日本でも多くの場をつくっていきたい。

参考:
第24回国際宇宙開発会議のレポート記事(Hotwired Japan)

“できることなら行ってみたい。「第25回国際宇宙開発会議」” への2件の返信

コメントを残す