榎本大輔氏(Dice-K)「今年は『宇宙世紀』元年」

2006年秋、世界で4人目、日本人で初めての「宇宙旅行者」となる予定の榎本大輔氏(Dice-K)関連記事。

榎本大輔さん かく語りき 『宇宙世紀』元年

「国だけが飛行士を養成する時代ではない。」という意見からは、将来的に民間宇宙業界が現在の航空業界のようにパイロットやエンジニアを養成していくイメージが浮かぶ。もちろんそれだけの需要が前提なわけだが、その時には宇宙機メーカーや宇宙旅行会社以外にも様々な関連ビジネスが育っていることだろう。

ただ、そのイメージをより具体的にイメージしようとしても、限界があることも事実。その意味で「何もない宇宙で普通の人がどうやって楽しむか。自分が先に行って考えたい。」という榎本さんは非常に有利だ。とはいえ、20数億が代価であれば当然かもしれない・・・。さすが。榎本さんは一時帰国の後、2月にロシアに再びわたり本格的な訓練に入る予定だ。

ところで本題とは関係ないが、この記事は榎本大輔さんが「Dice-K」の名前でなく主に本名で登場している割と珍しい記事だったりする。

コメントを残す