初のソーラー・セール宇宙船、ついに打ち上げへ

宇宙「船」という呼び方がぴったりなのは、やはりこのタイプの宇宙船ではないだろうか。
初のソーラー・セール宇宙船、ついに打ち上げへ

天文学者たちは長い間、宇宙船が太陽光の生み出す圧力を利用することで、帆船が風の生み出す圧力を利用するのと同じように、自力で前進でき、宇宙を安価に航行できるとの仮説を立ててきた。コスモス1の唯一の使命は、この仮説を実証することだ。

ただし、この太陽光の力は紙を手のひらに載せたくらいの力しかない。
とはいえ、空気抵抗のない宇宙ではわずかな力でも長い間与え続けることでどんどん積み重ねていくことができる。実際、今回の実験では1日あたり時速160km加速する計算とのこと。3年間加速し続ければなんと16万kmと、高速の半分以上の速度に達する。

しかし、今回の実験ではそこまで行くことはない。
なぜなら数週間で帆がぼろぼろになってしまうからだそうだ。

今回の実験が成功すればいかに耐久性を増していくかという課題に注力していくことになりそう。

コメントを残す