「ゼロ・グラビティ」を観てきました

映画「ゼロ・グラビティ」を観てきました。IMAXではなく、Real Dの3Dでした。

宇宙好きの間で評価が分かれているという噂も聞き、さて、と思いながら観てみましたが、宇宙空間という環境の特殊性がよく表現されていて面白かったです。(もっとも宇宙規模でいえば地球上の環境の方が特殊ですが)

ゼロ・グラビティ公式サイト

この映画のエッセンスは宇宙という(人間にとっての)極限環境で生き抜こうとする心の動きにあるように思います。つっこみたい部分が出てくるのもわかりますが、いちいち指摘するのは野暮な気が。とはいえ、登場人物の「心の動き」という点では強くつっこみたい部分が1点だけありますが。。

なので、観る時は映画の世界に集中して宇宙空間を感じ、時に恐怖しながら観るのがよいと思います。

もし、「映画はネタバレにならない程度の情報を入れてから観る」派の方であれば、以下のプロデューサーのデヴィッド・ヘイマン氏インタビューを事前に読んでおくと、少し見方が変わるかもしれません。

映画『ゼロ・グラビティ』がすごい理由

よい無重力を。

コメントを残す