「サラ・ブライトマンはたぶん宇宙に行かない。宇宙旅行発表はワールドツアーの宣伝目的だ」

2015年秋の宇宙旅行計画を発表した英歌手サラ・ブライトマン氏。上記はサラ・ブライトマン氏のメディカルチェック(?)の様子なども含まれる宇宙旅行に向けた活動の紹介動画です。宇宙旅行に向けた訓練といえば必ずといっていいほど出てくる遠心加速器も出てきます。

有名歌手の宇宙旅行計画は宇宙旅行や宇宙ビジネスに注目が集まる契機として期待しているのですが、ロシア当局の匿名情報源からあるウワサがでているそうです。

Russian officials raise doubts about Brightman’s flight, and space tourism

ロシア当局からサラ・ブライトマンの宇宙旅行に疑問の声、というニュアンスでしょうか。
これに元になっているのが、以下のロシアの通信社インテルファクス通信(インターファックス通信)の記事です。

British singer may have announced flight to ISS for advertising purposes – Cosmonaut Training Center (Part 2)

ここではサラ・ブライトマン氏の宇宙旅行発表に対して、以下のような情報が寄せられたことが記されています。

Sources in the rocket and space industry earlier told Interfax-AVN that Brightman, who announced her wish to make a tourist flight to the ISS in October, will probably not fly. “It is very probable that the singer said she may fly to the ISS to fuel interest in her year-long world tour, which she will begin next year,” the source said.

この情報元は10月に国際宇宙ステーションへの宇宙旅行計画を発表したサラ・ブライトマン氏について、おそらく(宇宙に)飛ぶことはないだろうと語ったそうです。

「国際宇宙ステーションに行くかもしれないと発表することで、来年から始まる彼女の1年に渡るワールドツアーへの興味を喚起するというのはありそうな話だ」

また、記事ではサラ・ブライトマン氏の年齢についても懸念を示しています。

Brightman will have turned 55 by that time, which means she will become one of the 20 oldest cosmonauts of the world, among which there is now only one woman (Barbara Morgan, which made a shuttle flight in 2007).

「サラ・ブライトマンはその時55歳になっている。これは彼女が世界で宇宙飛行士の中で最も年齢の高い20人のうちのひとりになることを意味する。現在、その中に女性は1名だけだ。(2007年にスペースシャトルに搭乗したバーバラ・モルガン氏)」

確かに女性はこれまでは1名だけですが、宇宙飛行士の男女比が確か10:1くらいで圧倒的に女性が少ない中、1名だけであるということは年齢の高い女性が不利であることにはあたらない気がします。宇宙旅行者の年齢としても、宇宙旅行者1人目のデニス・チトー氏、3人目のグレッグ・オルセン氏ともに60歳でしたから、55歳は若くはないにしても問題になるレベルではなさそうです。

プロモーションで活用されるだけでも実際の宇宙旅行について多くの人に知ってもらう意味はあると思うので、それだけでもいいといえばいいのですが、やはり宇宙旅行にしっかりと行ってもらいたいですね。

ちなみに宇宙旅行を検討するために、サラ・ブライトマン氏が行く予定の国際宇宙ステーションへの宇宙旅行がどういうものか、どのような訓練が行われるのか知りたいという方はスペース・アドベンチャーズ公式のハンドブックをどうぞ。

コメントを残す