宇宙をモチーフにした短編映画イベント「宇宙ショートフィルムプログラム」5月末まで上映

2012年5月1日(火)~31日(木)、横浜のみなとみらいにある常設の短編映画館「ブリリア ショートショート シアター」で、宇宙をモチーフにした短編映画を集めた「宇宙ショートフィルムプログラム」が上映される。

5/1~GWは映画館で宇宙旅行「宇宙ショートフィルムプログラム」上映スタート!

上映されるのは以下の4作品。3つは15分前後、1つは約3分半、と全部で1時間ほどのプログラムになっている。普通の映画1本よりも気軽に観られそうだ。

チケットは一般で1,000円とこちらもお手頃。購入もWebからできる。
上映は1日2回ほどなので、時間をチェックしてから出かけたい。

宇宙ショートフィルムプログラム上映作品

Skhizein(スキゼン)

巨大隕石がアンリの頭上に落ちてきた。それ以来、彼は自分の体からちょうど91センチずれたところに存在するようになる。ドアを開けたり、座ったり、電話をとったりするときも、彼は91センチ離れたところからそうした動作をしなければならないのだ…。TVCMなどで活躍する新鋭アニメーターによるシュール・コメディ。

Yuri Lennon’s Landing on Alpha 46(宇宙飛行士ユリ・レノン)

宇宙飛行士ユリ・レノンが星に降り立ったとき、あるパラドックスに遭遇する。

Starcrossed(星の下で)

彼女に会うために「何か」をしている男性。しかし会うにはちょっと努力が必要で・・・

THE SPACE FAMILY(宇宙家族)

「お見合い」、この虚構の空間。貼りついた笑顔で気を使う周囲を差し置き、マイペースなニートの男女。さぁてどうなりますやらこのお見合いは…というまさにその時、実は地球には宇宙からの魔の手が迫っていたのであった!…それで?

GWに時間のある方はぜひ。
そうでない方はその後にでも。

コメントを残す