宇宙広告、というか、宇宙への広告

うろ覚えで申し訳ないが、確か宇宙空間にでかい広告を浮かべることについては規制がかかるとかかからないとか。そりゃたしかに夜空を見上げたらド派手なネオンばかり浮かんでたらがっくりきますもんね。

じゃあ逆ならいいだろう、ということかどうかはわからないが、やはり出てきた。
ケンタッキー・フライド・チキンが宇宙に向けた広告を設置したのだ。

エリア51に巨大カーネルおじさん 宇宙人にも選ばれたい
世界初? KFCが「宇宙に向けた」広告

ところで、空港には英会話学校の広告が多いことからもわかるように、広告は掲載場所によってより効果的な広告というものがある。では、宇宙向け広告にはどんな広告が適しているだろうかと考えると、それは食べ物系なのではないか。

当面は宇宙旅行といっても滞在期間は1週間程度とはいえ、それでもやはり旅後半は地球の食事が食べたくなったりもするだろう。そんな時、宇宙ホテルの窓から地球を眺めているとケンタッキーの広告が・・・。確実に刺さる広告になるに違いない。

日本人としてはラーメンなんかがいいかも。

あ、でもラーメンは宇宙でも食べられるか。(かなり違うけど)

コメントを残す