ミッション・コマンダー記者発表(2006/06/07)追加情報

先日の金沢で行った「ミッション・コマンダー(MC)」に関する記者発表についての記事が掲載されました。MCの背景や各MCについても詳しく報告されています。

2007年、日本の民間人が”宇宙ビジネスマン”として宇宙へ飛び立つ(MYCOMジャーナル)

記事中で触れられている私が所属するモバイルサービス会社はKLab株式会社という会社です。会社としての事業範囲は携帯電話の基盤技術から各種ソリューション、コンテンツ企画などのサービス系事業まで幅広くカバーしています。この中で、私はモバイルメディア「ケータイコイン」を担当しています。

ところで、実際のところ、今の「宇宙」と「ケータイ」の関係はとてつもなく遠く離れたところにあるのが現状です。
しかし、このふたつをうまく組み合わせることができれば、「日常のツールになりすぎた」ケータイはもう一度非日常の期待感を持ったツールとなることができ、同時に「宇宙」はこれまでなかなか払拭し切れなかった「SFのイメージ」を超えた、現実感をもった「手のひらの宇宙」になることができると考えています。

「宇宙」という新しい世界に現実感を持って触れるという体験は、(大げさかもしれませんが、)その人の考え方やライフスタイルをも変えてしまう可能性を秘めています。より多くの人に、その体験を届けたいと思っています。

ミッション・コマンダーの地上活動にもぜひご期待ください。

“ミッション・コマンダー記者発表(2006/06/07)追加情報” への5件の返信

  1. >脇本さん
    ありがとうございます。
    有人ロケット研究会搭乗員チームとしてもがんばります!

    >とらんすさん
    詳しいですよねー。ほんとにありがたいです。
    こうした活動を広く知ってもらうことがまず必要だと思っています。

  2. おかげさまで自分もしっかりやらなきゃと力がわいてきました。

    MUNPAサイトでもほぼ同様にのっけました。
    山崎さんMUNPAだし。
    といってもこちらは全く影響力ないですけど。

  3. おお!素晴らしく詳しい記事に
    していただけましたね。
    これだけ細かく書いてもらえると
    嬉しいですね!!
    3人のことも具体的に触れていただけてるし。

    ここから更に情報が広がっていくといいですね!

  4. ミッション・コマンダー発表おめでとうございます。
    本日、SFJニュースとしても掲載させていただきました。ご覧ください。http://www.uchumirai.com/news/news_top.htm特に有人ロケット研究会との関連を強調しましたがよかったでしょうか?

コメントを残す