準軌道飛行10万ドル。ISS滞在2000万ドル。月周回飛行は?

答えは1億ドル(約110億円!?)

1億ドルで月旅行?

ただし、「月旅行」とはいっても月面に降り立てるわけではない。しかし、地球上では決して見ることができない「月の裏側」を見ることができる。しかも月の裏側が太陽に照らされるタイミングを見計らって実施されるという気の使いよう。(まあ、1億ドルも出すのであればそれくらいは当然というべきか・・・)

さらには「地球の低周回軌道を3日間自由に飛び、残りは月を周回する9日間のコース」も検討されているとのこと。

スペース・アドベンチャーズ社は実際に宇宙旅行者を宇宙に送り出している唯一の旅行会社だ。それだけに期待も高まるというもの。(2005年10月にはグレゴリー・オルセン氏(60歳)が史上3人目の宇宙旅行者となる予定だ)

そして肝心の月面着陸の実現については、

スペース・アドベンチャーズ社によるこの新たなミッションは、2008年か2009年に実現する可能性があり、この飛行を最終的には一般民間人を月に上陸させる足がかりにする計画だ。

ということなので、うまくいけば2010年代には月面着陸ツアーも実現されるのではないだろうか。

今回の月周回ツアーの募集人数は2名。
予約するならお早めに。

“準軌道飛行10万ドル。ISS滞在2000万ドル。月周回飛行は?” への4件の返信

コメントを残す