ディープインパクト、といえば

「ディープ・インパクト」というとを思い出す人も多いと思いますが、今回はどちらかというと、映画のほうが近い話。

ただし、目的は地球を滅亡から救うことではなく、彗星の調査である。
彗星に激突実験…NASAが太陽系起源探る : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

彗星(すいせい)に金属塊をぶつけて、露出した内部を観測する米航空宇宙局(NASA)の探査機ディープインパクトが、米国独立記念日の7月4日未明(日本時間同日午後)、テンペル第1彗星の核への人類初のインパクト(衝突)探査を試みる。

この衝突で彗星にはスタジアムくらいの巨大なクレーターができる。とはいえ、彗星にとっては「18輪の巨大トレーラーのフロントガラスに虫がぶつかるようなもの」だそうで、これで軌道がかわることはほとんどない。

この様子は条件さえよければ地球から肉眼でも見えるかもしれないそうだ。

しかし、アメリカって独立記念日にこういうイベントをやるのが好きだなぁ。
なぜ独立記念日にディープインパクトなんだろう。

参考:
彗星に衝撃弾を打ち込む、NASA版『ディープ・インパクト』

“ディープインパクト、といえば” への1件の返信

  1. ピンバック: 綵〓〓〓〓お〓ゃ〓荐〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓絽ャ〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓藉祉〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

コメントを残す