そっちのでもないあっちのでもない宇宙服って!?

「宇宙服」と聞いて、まず普通は宇宙遊泳や月面着陸で使うような、あのごっつい機能的な宇宙服を思い浮かべるだろう。そして、このサイトを見ている人や、ちょっと宇宙関連の話題を知っている人なら、11月はじめに発表が行われた「スペース・クチュール・デザインコンテスト」の受賞作品のようなファッション性に重点をおいた宇宙服を思い浮かべるかもしれない。

しかし、今回紹介する宇宙服はそのどちらでもない。いわば、その中間に位置する宇宙服だ。

ファッション界最後の砦? 宇宙旅行

この宇宙服は安全かつSF的ファッショナブルさをあわせ持っている。高度約152.4キロ(50万フィート)で生命を30分間維持する機能があるというからなかなかだ。「宇宙」は高度100km以上とされているから、150kmで生存可能なこの服はあらゆる定義から見ても文句なしの「宇宙服」といえるだろう。完成は2007年を目指し、リース代は一着3,000~6,000ドル(約35万~70万円)と推定されている。

「ん?リース?」と思った方もいるかもしれない。そう、今のところはリースを中心に考えているらしい。それはそうだろう。1年に何回か使うならまだしも、「当面」は一生に1回使うかどうかの「衣装」だ。その意味ではこの宇宙服を「お買い上げ」することは、成人式の振袖やウェディングドレスを買うことよりも機会のレアさからいってそれこそレアになるのだろう。

と思ってはたと気づく。

機会がレアなんだったら、逆に「宇宙に行った記念に」といって買う人もたくさん出てくるんじゃないだろうか。振袖やドレスは個人にとってはレアなイベントで使ったものでも身の回りでレアじゃないからモノとしての価値は高くない。でも、個人だけでなく身の回りの機会としてレアであればモノとしても十分(話のタネという面も含めて)価値があるという見方ができる。機会が少ないからリースという考え方もあるが、「メニューは一番下よりひとつ上を選ぶ」という心理からも、むしろリースは松竹梅の「梅」の位置づけとし、「竹」や「梅」である宇宙服を売る、という線もアリなのかもしれない。

ところで、この宇宙服を提供するOrbital Outfitters社の代表、リック・タムリンソン氏にはこれまでも昨年のX PRIZE CUPでお会いして以降、5月の国際宇宙開発会議、10月のX PRIZE CUPの度にお会いしては興味深い話を聞かせていただいていた。この宇宙服の話もその中で聞いていたお話の中のひとつだ。

少し前までは構想で終わっていたかもしれない事業が次々と形になっていく。そんな業界の黎明期に再び出会えたことは自分にとっても特別にレアな経験になるだろう。
その記念に自分は何を残せるのか、動きながら考えていきたい。なんちて。

「ちょうどよい」宇宙旅行って?

少し前、宇宙旅行の種類といえば、

「サブオービタル」
(高度100kmの準軌道飛行。宇宙滞在時間は数分。10万ドル~20万ドル)
と、
「オービタル」
(高度400kmの軌道飛行。滞在時間は1週間。2000万ドル)

の2種類だった。それが2005年8月にスペースアドベンチャーズ社(国内代理店はJTB)が月周回旅行を発表してからは、3種類になった。このように、これまで宇宙旅行の種類といえば「地球からの距離」で分類されていたように思う。

そして今回、ホリエモンこと堀江貴文氏が滞在時間1日以内のオービタル旅行を発表したことで宇宙旅行のバリエーションが増えた。料金は1週間のオービタルの約10分の1を目指しているというから、やはり全く別の選択肢と見るべきだろう。ホリエモン宇宙旅行事業の見込みについてまだ評価すべき段階ではないが、これまで空洞だったサービス領域に新たな選択肢を提示したのはひとつの成果だ。

確かに宇宙旅行は楽なことばかりではない。昔よりも改善されたとはいえ、宇宙ステーションはまだまだ快適な観光というよりは、その冒険的体験を楽しむという姿勢が主になる。1週間、プロの宇宙飛行士と行動を共にするためには6ヶ月以上の過酷な訓練も必要になる。

そんな中、いくら貴重な宇宙体験でも「1週間は長すぎる」と考える人がいるのは当然だろう。とはいえ、サブオービタルでは高度も滞在時間も物足りないという人にとって、滞在時間が「地球を周回しながら宇宙を堪能できる程度に長く、数ヶ月の訓練が必要なほど長くない」という選択肢はその「手頃な」料金もあいまって魅力的なものになるに違いない。

友人から「地球3周フライト付2泊3日で798,000円(税込)」くらいがお得感があってちょうどいいという意見があった。なるほど、これなら3連休や、週末に有給を1日足せば宇宙に行ってくることができる。

宇宙旅行が一般化した時代の典型的な宇宙旅行はこのあたりに落ち着くのかもしれない。

参考:
ライブドア・堀江貴文社長 宇宙旅行に数十億円投資(フジサンケイ ビジネスアイ)
堀江氏、「ジャパン・スペース・ドリーム」を設立、数年以内に宇宙へ(MYCOM PC WEB)

宇宙酒の酵母、「帰高」!

宇宙料理の一形態?「宇宙酒」開発中!」の続き。

宇宙にいっていた酵母が「帰高」した。

高知新聞ニュース■県産宇宙酵母が“帰高” 露ロケットに10日間搭載■

前回、「来高」ってなんだ?という話をしたけど、今度は「帰高」・・・。
他の地域でもこういうんだろうか。少なくとも「来埼(来・埼玉)」とか「帰千(帰・千葉)」はきいたことがないけど・・・。
来福(来・福島/福岡)」とかはおめでたい気がする。
ただ、どこに来たのか紛らわしい気も。

お酒は来年4月発売予定。