宇宙旅行企業、米スペース・アドベンチャーズ社CEOもTwitterの利用を開始

WS000006.JPG

マイクロブログサービスというジャンルがある。中でももっとも有名なのは「Twitter(トゥイッター/ツイッター)」だ。自分の今の状況や感じたこと、考えたこと、ネットや街で見つけた面白いことなどを140文字というとても短いテキストでつぶやいていく、といったものだ。これだけだと何が面白いのか分からないだろう。また、その面白さを簡単に説明するのは結構難しいので、時間がある人は以下のページを見てみてほしい。(テイスト的に受け入れられないとかえってわからなくなる可能性があるが・・・)

やる夫がtwitterを始めるようです:AAまとめブログ(´∀`)

SNSのmixi(ミクシィ)などと違うのは、mixiが「マイミク」という形で互いにつながりあう「友達」を前提としているのに対し、Twitterでは「フォロー」(あとをつける)という形で一方的に相手が投稿するメッセージを読むことができる点だ。感覚としてはブログのRSSを購読するのに近いかもしれない。

さて、このTwitterが世界的に伸びてきており、海外ではブリトニー・スピアーズをはじめとした著名人が利用していることでも話題になっている。日本の著名人では坂本龍一氏などが利用している。

Twitter上のセレブは本物か?–フォロワー数トップ10の著名人アカウントを判定:スペシャルレポート – CNET Japan

さて、宇宙関連でもTwitterで情報提供している組織はいくつもあったが、この度、アメリカの宇宙旅行会社、スペース・アドベンチャーズ社のCEOであるエリック・アンダーソン(Eric Anderson)氏も2009年4月18日にTwitterを始めたらしい。

Eric Anderson氏のTwitterアカウント

スペース・アドベンチャーズの宇宙旅行を予約している筆者は早速フォローしておいた。機会があれば、Twitter上でちょっと声をかけてみるつもりだ。

世界的にみれば宇宙開発に関する組織だけでなく、ジャーナリストも積極的にTwitterを活用しており、うまく使えばWebのニュース以上に生の情報をリアルタイムに得ることができる。海外のカンファレンスの状況なども垣間見られるのはニュースサイトにはないライブ感だ。

ちなみに筆者のTwitterアカウントは以下のとおり。本サイトで書いてない情報も時々出しているのでぜひ気軽にフォローしてほしい。

宇宙観光アドバイザー 箱田雅彦のTwitterアカウント

Twitterなど、ネットを使った宇宙の楽しみ方については別の機会でまとめたい。

コメントを残す