Rocketplane, Inc.(ロケットプレーン社)

Rocketplane, Inc.


ロケットプレーン社は日本ではあまり有名ではなかったが、2005年12月に放送されたテレビ東京系列「ガイアの夜明け」でとりあげられたり、2005年10月の国際宇宙会議では宇宙服コンテストに協力したり、北海道のNPO法人と技術協力関係を結ぶなど、日本での活動を活発化させてきている。そして実際のところ、宇宙旅行の実現に一番近い会社かもしれない。


現在の機体は既存の航空機をベースに作られているためデザイン的なユニークさはないが、基本的な機体設計に時間やコストをかける必要がない分、サービスが早期に実現する可能性も高い。そして現在の機体を第1世代機ととし、第2世代機ではさらにより宇宙旅行に適した機体設計を進めていくことになる。


ところで、ロケットプレーン社には早期実現性の高さ以外にも特筆すべきサービスがある。
なんと、副操縦士席に搭乗できる可能性があるのだ。
もちろんオプション料金が設定されるが、胴体部分の客室からみる風景とは絶対的に違うものになるはず。文字通り「宇宙に向かって」飛んでいく感覚が味わえるだろう。

サービス開始は2007年を予定している。

(画像提供:ロケットプレーン社)