交通手段の選択肢が広がる?「ヨーロッパ製スペースシャトル試作機、無人飛行テストに成功」

現在、宇宙への交通手段というとロシアのロケット「ソユーズ」とアメリカの「スペースシャトル」がありますが、2003年2月のコロンビアの事故以降スペースシャトルの打ち上げは休止、実質的に交通手段は「ソユーズ」のみの状態が続いています。

そんな中、いくつかある次世代交通手段のニュースを。

ヨーロッパ製スペースシャトル試作機、無人飛行テストに成功(WIRED NEWS)」

全長7メートルの試作機を無事着陸させることに成功したとのこと。
ただ、問題の実現時期は
シャトルの完成時期について、2015年から2020年頃までは無理だろうと予測している
スペースシャトルの引退予定は2010年。なんとかもう少し、早くならないですかね・・・。

窓からの眺めも気になりますが、今回のものは無人の試作機のため、窓がありません。
写真は以下のEADSプレスリリースからご覧ください。

参考
PHOENIX successful test flight (EADSのプレスリリース)

コメントを残す